あやしいコピーライティング入門編TOP

思わずクリックしてしまうキャッチコピーとは?

アクセス向上の為には、効果的なキャッチコピーがとても有効です。ホームページを宣伝するあらゆる場面でキャッチコピーが役に立ちます。そこで、キャッチコピーの作り方をマニュアルにまとめてみました。ひとつひとつは断片的な要素に過ぎません。各項目の要素を部品にして、あなたのサイトのキャッチコピーを作ってみて下さい。

あやしいコピーライティング入門目次

1、タイトル文の正しい書き方とは

2、技術うんぬんより文章に自分の魂を込める方法

3、コピーライティングスキルとは

4、コピーライティングの極意

5、初心者が失敗しないためのコピーライティングの技術

ピン元:irorio.jp

ピン元:irorio.jp

アフィリエイト記事の基本

そもそもアフィリエイト記事とは宣伝文の書き方だと思うんですね。成約者を増やす、メルマガの登録会員を増やす、アクセスアップです。最終地点の目標としては次のステップへ進めるための「クエスチョン」を残した、人の感性的な興味をくすぐるような、小出しのコピーライティングが必要であるといわれています。

ストリップティーズのように、最初からガバーッと全部広げて見せてはだめなんですよ。それではもうその時点で終わってしまうんですね。ちょっとづつ、チラリ、チラリとクライマックスへと引きずり込んでいくのがテクニックなんですね。

詳細な内容は資料やセールスページ・メッセージページを見てもらえばよいので、セールスページの内容がすべてわかってしまうと、完了してしまうのです。サービスしずぎて見せてしまうと、残念なページとなってしまいます。
一番大切なことは、もっと知りたい「謎」の部分、あと少しを<25%>残しておくことがポイントです。

すべてを出さない25%ほど残しておくことが大事

ピン元:irorio.jp

ライティング・情報発信

ライティングは、情報発信という視点・本質を外してしまうと、いくら芸術的なテクニックを駆使して、うまい文章が書けても効果がなく、意味がありません。
これでうまい文章が書けなくてもライティングができるので、安心していただければと思いますが、今度は『情報発信を自分にはできるのか』と懸念される方が出てくると思います。

確かに、情報発信に必要なスキルがいろいろあり、習得する必要があります。
そこで、ライティングや情報発信に必要なスキルをライティング講座にまとめて、分かりやすく解説していきます。

ほしくなる衝撃

情報発信者にとって良い情報しか載せていない

サイトやブログやSNS などのネット上に書かれていること、テレビや新聞などのマスコミが報道するもの、街宣やデモや演説で話している内容は、全て発信者側にとって都合の良い情報しかないです。

自分が思っている通りに読者様を動かすのが目的で洗脳を行なうために情報を発信しているからです。
よくアフィリエイターが●●の手法は古いとか●●は通用しないとか言っていると思いますが、これは自分が売りたい商品を売るためにその商品に合った手法に移行させるために煽って
洗脳しているだけです。

SEO入門ガイド

脱初心者クリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加