コピーライティングスキルとは

コピーライターの仕事とは

コピーライターの仕事とは商品を文字を使って売ることにあります。
だから、彼は考えます。

まず最初に言葉ありき。たった一文字が、相手の心を動かす。
そして購買へつながる。

文字は単なる文字ではない。
文字一句一句を宝物のように取り扱います。それが基本です。

自分を売り込むセールスの極意

成功哲学を勉強しても、営業方法を勉強しても、マニュアルを一生懸命に
読んでも成功しない人がいます。

そこには大きな理由があります。
それは学びを行わないからだ。
実行しないからだ。
売り込みをしないからだ。

では、どうやって売るのか?

それは言葉で売るしかないのです。
人間は言葉でしか反応しない生き物ですだから言葉がなければ
伝達することもできないのです。

商品の良さは言葉でしか伝えられないのです。

つまり、商品が売れない限り売り上げはあがらないし、
現金は手に入らないということです。

現金を手に入れる方法とは、商品なり、サービスなりを言葉で、
文章を作って売らなければならないということです。

どんなに高品質で素晴らしい商品でも、
この世に広まらなければ価値は持ちません。

kopi2

ピン元:ayaka.blog.jp

価値とは、
自分で判断するものではなく、他人が判断するものであり、
他人の判断基準、価値基準に当てはまったときに、この商品は
素晴らしいということになります。

じつは・・・誰もあなたに興味はない

あなたがどんなに素晴らしい人でも、他人にとっては
どうでも良いことなんです。

いつも正しい意見を言ってくれるあなたのことなど、
無関心なのです。

コピーライティングは万能スキル

コピーライターとは、文字を効果的に使って、
商品・サービスを提供する仕事です。

その本質はズバリセールス・販売にあります。
文字で人の心を動かす仕事。それがコピーライターです。

コピーライターとは、商品を買っていただくために、
文章の表現のみでお客さまの購買意欲を高め、商品を売る人のことです。

人の感情を、購買意欲を文字のみで動かし、
感動させる仕事なのです。

どうやったら人は動くのか?

徹底的に調査し、検証を繰り返す。
仮説を立て、実行し、検証をするということです。

人を調べ、世の中の動向を調べ、売れている商品、
世の中のサービスを徹底的に調べる。
いわゆる「最初に敵を知る」ことから始めます。

孫子の言葉にありますが、
「敵を知れば百戦危うからずや」なのです。

売る商品を調べ、商品を知る。売る対象であるお客様を知り、
以上のライバルを知り、空極的には己自信を知ることにつながるのです。

リサーチとは?

必要な情報を探して見つけることにあります。
そこにある知識を見つける。

調査し、考査し、研究し、実践に移すことです。
どうでもいい情報は必要ではありません。

商品の開発、販売に結び付く必要な情報を厳選して集めていくのです。

人生は長いようで短い、選択と集中です。

▶ あやしいコピーライティング入門ガイドメニューへ戻る

質問フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加