SEO入門ーGoogleSEOとは

Googleの検索エンジンに対する考え方

akirameグーグルの検索エンジンは、ユーザーにとって有益な情報が載っているサイトやブログを
上位表示させるように設計してあることです。

Googleは、グループ社員一丸となって検索エンジンの設計を行なっているため、検索エンジンはグーグルの考えがそのまま反映されています。

したがって、検索エンジンで上位表示させるためには、ユーザーにとって有益なサイトやブログを作る必要があり、これがSEO の本質となります。

GoogleSEO

ピン元:tamezatu.com

実質的な検索シェアの9割以上をGoogle検索エンジンが占めている現状では、GoogleでのSEOを成功させることがそのままSEOの成功に直結します。

Google検索ロボットのはたらき

検索エンジンの優位性から、ネット界に君臨するGoogleとはいえ、Webサイト内の全ての情報をバイキング形式に正確に認識したり、その情報の面白さや素晴らしさなどを人間の感覚と同じように判断することは不可能です。

グーグルは、200以上あると言われる様々なシグナル(スコア付けの指標)を元に、どのようなテーマについて書かれたページであるか、それがユーザーにとってどのような価値があるか、そのサイトの信頼性や、独自の計算手順といわれるアルゴリズムによって評価を算出し、ランキングを決定しています。

SEOとは
それらの総合得点を高め、より上位に表示するために行う施策である、と、捉えられるます。

しかし、
Googleは具体的な得点計算方法を公表することはありません。

日々細かな変更も行われ、アルゴリズムを具体的に特定することは出来ません。

グーグルSEOの基本

私たちは検索エンジンに対して単語やフレーズを入力し、検索エンジンの頭脳とも呼ぶべきアルゴリズムはそのキーワードに相応しいページを検索結果に表示させ、関連性の高いページ順に検索結果に表示します。

SEOの本質

検索エンジンがページの順位決定の際に使用する要素は、コンテンツ内に検索キーワードが含まれているかどうか、他のウェブサイトがそのコンテンツにリンクを張っているかなどを含め200以上あると言われています。

SEOは主要なGoogleなどの検索エンジンで、あなたのウェブサイトの順位向上を目的にこれらの要素を最適化していく事を意味します。

キーワード検索の要素

例えば、「新宿 花屋」のキーワードで検索した場合に、検索結果ページにあるウェブページを出現させるには…

ページ内に「新宿のお花屋さん」のようにワードを含める。

ページ内に「新宿のお花屋さん」にマッチするトピックを含める。

そのキーワードのトピックに関するウェブサイトから、適切なリンクを獲得

…などがあります。

これらの要素が検索エンジンにとっては、順位付けを判断する材料となり、このページは「新宿 花屋」という検索クエリに、関連するかもしれないページとして、認識されるという仕組みです。

ページ順位の疑問点

グーグルで「amazon 本」で検索しますと、「www.amazon.co.jp」で10位まで埋め尽くされます。これについては以下のように説明しています。

ピン元:gigazine.net

ピン元:gigazine.net

普通、誰も正確に検索ユーザーの意図を知る事ができないはずなので、ある程度検索結果の多様性を重視するようバランスを取っているようです。

このように「最大何ページ」といった制限はなくなり、現在は検索ユーザーの意図を考えて適切だと思われる数を表示させているようです。
試行錯誤と実験の連続のようなので、まだまだ今後も変わっていく可能性は高いと思います。


▶ SEO入門ガイドメニューへ戻る


質問フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加