岡井浄幸の嘉祥流観相学マニュアル教材 購入者体験レビュー

▼ 岡井浄幸の嘉祥流観相学自宅で学べるマニュアル教材体験談特集
岡井浄幸さんの嘉祥流観相学は、お金を稼ぐこととは別に人の人生さえ変えてしまいかねないほどの力を秘めています。

だから、
正しい観相学の知識のないまま、行ってはいけないということです。
趣味や遊びの延長では、決して始めてはいけません。

観相学塾生募集の体験者レビューでは、
このようにお話ししました。

>>観相学塾生購入した方々の体験者レビュー記事

今回紹介の開運教則マニュアルは

観相学を覚えたい人でも大丈夫です

岡井浄幸の嘉祥流観相学マニュアル教材 購入者体験レビュー岡井浄幸の嘉祥流観相学マニュアル教材 購入者体験レビュー

「自分はツキがないな~」、

「運が悪いんだよな」、

トイレや台所を綺麗にしても、風水で玄関に花をおいても、

ちっとも運が良くならない方

そういう人は、間違った情報を信じてしまうという、
致命的な欠点があります。

お腹が痛いからと、お腹にバンソウコウを貼って、治そうとしているのです。
大切なのは、表面ではなく中身だということ。

今起きていることは、必ず原因があるということ、その原因を知らなければ
対処の仕方が分からないということです。

開運教則本「岡井浄幸・嘉祥流観相学」

運気を上げるために、努力をしているだけではダメで、

その学びのツボをいち早く購入されて、体験した人の感想をお伝えします。

観相学のどういうところが、学びやすいのか、信用があったのか、
学んだあとの自分に変化はあったのか、体験の中から読み取ってください。

開運・嘉祥流観相学 体験者 栃木県 Sさん

私は観相(顔相)学に興味を持っていて、
その時に観相学に出会いました。

どういう人が金運の良い人なのか、律儀でしっかりしていて尚且つ
優しい人か、 家庭をもった時に良いパパになってくれるのかと、
そういったことを知りたいと興味を持ったのがきっかけでした。

観相学についてさらっと調べて、これはある程度の覚悟を持って
覚えていなかいといけないなと思っていました。

そんな時に、岡井先生の観相学に出会いました。
テレビ番組を観ていた時に岡井浄幸先生が観相学の師として紹介されていて、
これだと思ったのです。

顔の情報から、希望、愛情、情愛、嫉妬、表裏、欲望、激情、
力量、挑戦、知性、感性、行動、人格、失敗、成功などを読み取り、
それらを分析して素質と性格を割り出すというのが嘉祥流観相学であり、
岡井式観相学だということだそうです。

それからは、観相学に興味を抱き、のめり込んでいきました(笑)

観相学を知ることにより、自分を変身させることができる

それは観相学から、たった少しのノウハウを
応用するだけで良いことでした。

簡単に言いますと、観相学に沿ったメイク法がモテメイク
繋がったということです。

モテメイクの秘密を書いてしまってもいいか迷うところですが、
私が学び得た、私にとっての大きな財産なので残念ながら詳細を
お伝えすることはできません。

男性の方とお付き合いを考える基準として岡井式観相学が応用でき、
裏付けとして観相学の結果を交えて知人から情報を集めたところ、
かなり適格に相手の性格を当てられていたことに驚かれてしまいました。

開運・嘉祥流観相学 体験者 宮城県 Nさん

観相学を極めるまでには至っていないのですが、
観る相手の相貌、眉、目、口、耳、シワなどの情報から
かなり適格にその性格を当てることができるようになっていきました。

その結果、良い男性と悪い男性の見極めが
あらかじめ付けられるようになったのは大きな収穫でした。

そして、観相学を通じて心に余裕ができたからか
自分に不都合なことなどもプラスに捉えられるようになり、
人生が前向きに考えられるようになりました。

恋愛関係で悩みを抱えている方には強くお勧めできます。

開運・嘉祥流観相学 体験者 千葉県 Bさん

最近仕事が上手くいかず、なぜ仕事が上手くいなかいのか
色々と調べていました。

仕事が上手くいかない人の特徴というサイトを見たり、
仕事が上手くいかない人に共通する口癖というサイトを見たり、
自分自身が負のスパイラルに陥っているのではないかと考えたり、
ありとあらゆる自分に当てはまりそうなことを探していました。

そんな時ふっと飛び込んできた言葉が、
自分のこだわりを手放すということと、
もっと視野を広げて見るということでした。

視野を広げるには何がいいだろうと考えていた時、
以前買った観相(顔相)学の本が目に入りました。
顔に関する研究は、心理学、解剖学、遺伝子行動学、考古学、美容外科
といった様々な分野から研究がされてきたそうで、ただ、
それを総合的学問として成り立たせるには至っていないことを知りました。

その点観相学は、自然科学の数々を深く取り入れ、それらの分析結果から、
顔より素質や性格を割り出すというもので、
体系的に学問と称してもよいレベルのものでした。

今では、仕事に前向きに立ち向かえるようになり、困難な状況が訪れても、
自分にあった対処法で仕事をこなしていけるようになり、
岡井先生との出会いが私を大きく変えてくれたと実感しています。

この観相学は本物です。
是非皆さまにもお薦めをしたいと自信を持って言えます。

開運・嘉祥流観相学 体験者 和歌山県 Yさん

岡井先生の観相学をベースとして仕事に立ち向かうことで、
成果が認められたということがとても嬉しかったです。

これからも岡井式観相学を使い、自分に合った仕事法を行っていくことで、
出世を目指そうという意欲も生まれました。

仕事に行き詰まり、右往左往していた頃の自分を変えてくださった、
岡井先生には感謝してもしきれない思いでいっぱいです。

その他の人の体験談

私が観相学に興味を持ったのは、もともと風水や観相(顔相)学に興味があったからでした。とは言ってもあくまで自己流の趣味の範囲で知っていたという程度です。風水で金運と恋愛運アップをはかった後は良い人と巡り合いたいという気持ちもあり、
観相(顔相)学に興味を持って調べていました。その時に観相学に出会いました。
調べてみると額の広さや形、しわなどといったことから、
眉毛、目の形、鼻、口、耳といったことからかなり細かい部分まで
幅広く観相(顔相)を見ることができることを知り、一層深く興味を持つようになりました。

これはある意味、学問の一種であるなという受け取り方をしました。
ですので、勉強するにしても覚悟がいるぞと思っていました。
そんな時に、岡井式観相学に出会いました。たまたまTV番組のスマップ×スマップを観ていた時に
岡井浄幸先生の顔相占いを見て、これだとピンと来たのです。元を辿ると嘉祥流観相学に起源があり、
藤木相元先生が研究した「脳相学 嘉祥流観相学」
というものになるそうです。先生のお話しを聞いていて多くのことを学びましたが、
特に恋愛方面への関心を強く持ちました。もともと観相(顔相)学・観相学を覚えようとしたきっかけでもあったので、
こういったことが学べたので願ったり叶ったりでした。

まとめ・感想

人生において、明確な目標を持たない人がほとんどだといわれています。
いわゆる、川の中の落ち葉のように流されていくだけの人が多いのです。

心の中に流れ込む、無意味な考えによって満たされ、
イニシアチブというものがありません。

またそういう人は、自分の考え方を高めたり、コントロール
したりせずに、見たものを信じようとします。

自分から否定的な考えと、肯定的な考えの違いを
見いだそうとはしません。

逆に、明確な目標を持っている人は、心構えも積極的で目標を
完結するまでやり続けるということができます。

余分なことや目標以外のことに心を奪われることはありません。

悪魔の帝王の話があります

この悪魔の帝王の唯一の敵は、自分の頭で考え理解することの
できる人間で、彼らさえいなければ、人間界を支配して、
この世に悪の帝国を気づくことができるといわれています。

オレオレ詐欺は悪いことだと知りながら、この件にお金欲しさに
首を突っ込み、受け取り子として捕まっている、若者がそうです。

会社という組織に、首根っこを掴まれている「あなた」も
そうなのかもしれません。

技術は、一朝一夕にできることはありません。
学ぶということは、本を読む読解力が必要になります。

頭の悪い人が、1回読んで「全然参考にならなかった」「クオリティーが低い」
と言い放ち、得意面でネットでも批判している人もいます。

どういった情報を根拠にお考えになるのかは自由ですが、
明確な目標をもって、本書をお読みいただければ、

開運はもう付いているのかもしれません

岡井浄幸「開運・嘉祥流観相学」教則本

ひらめき「嘉祥流観相学」を使って幸せな人生を送りたい…
素敵な恋愛や結婚をしたい…
ビジネスで成功したい…
お金持ちになりたい…
この本の内容を理解することにより、あなたは人生の大きな転機を迎えることが可能です。

岡井浄幸「開運・嘉祥流観相学」教則本はこちら>>

さらに、今なら、

当サイトからお申し込みの方全員に!

電子書籍(PDFダウンロード)
てんぱり特典

無料でプレゼント!いたします!
インフォトップ購入者マイページよりダウンロードください。

あなたの生活向上のためにお役立てください。

お問合せ・全力サポート

■ 疑問点、不安点などがありましたら、ご覧のページタイトル(教材名)を入力の上、お気軽に下記のフォームよりお問合せください。

 全力でサポートさせていただきます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名・教材名

メッセージ本文

質問フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加