目標を達成させる方法

願望や目標は必ず紙に書くこと!

1、手に入れたい知識や情報の一覧表を作る

2、やりたい仕事の種類の一覧表を作る

3、あなたがこうなりたいと思う鋭角の湯類を一覧表にする

4、毎年、どれくらいの収入を得たいのかを書く

5、行ってみたい場所の一覧表を作る

6、習得した技術や資格を書きだす

この表を作るときは、欲求を刺激する言葉を書き加えます。

私たちの行動には、必ず動機があります。
そして行動の要因となる動機は、単独、若しくはいくつかの
動機が組み合わされたものですが、それはすべて、
10の基本的モチベーションに含まれているものです。

ピン元・rakuzanet.jp

ピン元・rakuzanet.jp

あなたの願望を、10の基本的モチベーションと照らし合わせてください。
そうすることによって欲求をより強いものにし、潜在意識に
働きかけることができます。

赤と黒のペンを使います。まず黒文字では願望を書き、
次にそこから発生する問題やモチベーションについての
セッションを設けて、それらを赤で書きます。

そして、適職、能力開発、健康、家庭生活、レジャー、社会奉仕の
6つの観点から、あなたの願望や目標をそれぞれ立てて考えれば、
その願望や目標は、より一層、鮮明なものになるでしょう。

イマジネーションを働かせましょう!

想像力つまりイマジネーションを使いましょう。そして個性豊かな
あなただけの一覧表を作るのです。

書き出した願望設定用のプログラムや一覧表は、あなたともう一人の
あなたとの間に結ばれた、一種の契約書です。

必ずサインを入れてください。

そして、毎日、書いたものを暗記するまで繰り返し声を出して読みます。

特に願望や目標を読み上げるときは感情をこめ、それによって得られる
利益を具体的にイメージすれば、精神的にも肉体的にも自分を
集中させることができます。

「私は自分のほしいものは知っている。それを紙に書くのは何のためだろう?」そう思われる方もいるでしょう。

頭の中だけで考えていることと、それを紙に書くこととの間には、
大変大きな違いがあります。

書くという行為は、願望や目標を実現化するための第一歩なのです。
目標や動機を書き出す過程であなたは、アイデアを明確化させ、
かつ限定せざるを得ません。

はっきりと理解していなければ、紙には書けないのです。
この方法は、願望や目標を潜在意識に伝えるには、実に有効的な方法で、
しかも的確に伝えることができます。

イマジネーションを働かせる方法

ここで述べた方法を忠実に従うことができれば、あなたの願望や目標に
向かって確実に前進します。これは一つの試みではなく、
実証された真実です。

このプログラムの一番重要な項目なのです。

願望や目標に関する計画を、簡潔に、はっきりと書き出してください。
その計画に必要な、許される範囲内で最大の所要日数も書き出してください。

可能性や不確実な要素を含む小さな目標、計画を分類し、整理してください。
そして大きな願望という全体の中の一部分である小さな目標については、
そのまま達成の期限を決めましょう。

得るものを求めればそれに伴う代償が必要です。

また、願望の実現には、当然大証が必要です。努力をするから夢がかなう。
一生懸命に働くから報酬が得られるという具合に、
この世界の願望実現はすべて、汗と努力という値札が付いているのです。

しかもただ、汗と努力という代償を払えばよいか、
といえばそうではありません。

成功の法則

やみくもに努力してもうまくいく確率は少ないでしょう。
成功のルールに従って代償を払うことが肝心なのです。

さらに、汗と努力は分割払いや、後払いというわけにはいきません。
いつも現金で前払いしなければならないのです。

招来の変更に備えて、計画には弾力性を持たせることが必要です。

計画の変更は不可避なものです。
それというのも、「無限の叡智」は、あなたが考え出した計画よりも、
はるかに雄大な計画をあなたのために掲示することができるからです。

もし、突然のひらめきがあったときは、喜んで計画の変更に応じましょう。
あなたは常に、掲示やヒラメキに対して敏感でなければならないのです。


明確な目標

成功哲学の進め方

目標の一覧表のつくり方

第1の重要なアイデア

他人の協力を得る・信念

モチベーションを保つ10か条

7つの基本的な恐怖とは

自由に対する感情と報復

目標を達成する意識と潜在意識の活用

成功プログラムの目的を明らかにします

潜在意識を刺激するエッセンスとは

あなたの心を積極的にする方法とは

目標を達成させる唯一の方法とは

目標を他人に秘密にしておくことの理由

&nbsp

質問フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加