七田式英会話マスター法「7+English」ならアマゾンが1万円安い!でもどっちがお得?

七田式(しちだしき)英会話マスター法「7+English」(セブンプラス・イングリッシュ)が注目されています。なによりも注目されているポイントは、1日20分間、60日間でネイティブが普段何気なく日常的に使っている、60のフレーズを分析し、600フレーズを脳に無理なく記憶させてしまうという勉強法だからです。

以前の紹介で七田式「7+English」をレビューさせていただいたのですが、アマゾンで同じ商品がより低価格で販売されていましたので、比較してご案内します。

インフォトップでの出品ですと、商品も同じ、特典内容も同じです。それでいて、価格はアマゾンの方が、1万円安いです。これは見逃せませんよね。

▼ インフォトップとアマゾンの七田式英会話・比較

icon-arrow-circle-right 3年間「あなたがしゃべれるまで」メールサポートが、アマゾンにはついていません

 返金保証がアマゾンには付いていません

だったら、アマゾンの方が断然お得ですよね!

内容も同じなら、やっぱり安い方がいいですよね。

▼ アマゾンでの七田式英会話紹介文

これまで英語を勉強してきたあなたは、

「簡単な英会話でさえなかなか口から出てこない」
こんなお悩み、お持ちではないですか?

そして、

多くの日本人は、英語を話そうとする時に頭の中で英作文をしています。

「文法がおかしいと意味が通じないのでは?」
「正しい英語の順序じゃないとわかってもらえないだろう。」
「間違った英語を話すのが恥ずかしい・・・。」

このように考えてしまい、

正しい文法や組み合わせをしっかり考え、100点満点の英語が「頭の中で完成してから」口に出そうとします。
あなたもそんな風に英語を話していませんか?

しかし、「正しい英作文をして話す」という方法は、大きな間違いで、英会話をする際の大きな壁となっているのです。

そして七田式英会話マスター法では、

▼ 日常英会話を最短でマスターする秘訣として

それは、よく使うフレーズを丸ごと覚えてしまうことです。
実はネイティブの英会話は、

「出来合いの決まったフレーズをポンポン口に出しているだけ」なのです。

これは私達が日本語で話す時も同じです。
私達は頭の中で組み合わせや文法を意識せずとも、正しい日本語を話すことができますよね。それは、いつも使う言い回しや口癖、過去に何度も行ったことがある言葉の組み合わせをそのまま使っているからなのです。

文法を考えて毎回英作文をしながらネイティブと話すのは難しくても、「短いフレーズを覚えて、必要な時にそのまま言うだけ」だったら、簡単に出来そうな気がしませんか?

七田式「7+(セブンプラス)English」では、このように教材を紹介しています。

当然!

ネットショップ慣れしたあなたなら、ここですかさずアマゾンで検索です。

そして、見つけました。

特典はこうです。

【特典1】追加英会話フレーズ集990
ノーマルスピードとネイティブスピードの2種類、写真付き(※ダウンロード版)

【特典2】ネイティブ並みの発音が身につく!専門家の発音矯正セミナービデオ7本
使い分けが難しい「LとR」「TH」を簡単に発音できるようになる方法、ネイティブが頻繁に使う「リエゾン(単語と単語が結びつく現象)」などを詳しく解説。

【特典3】英字新聞で最もよく使われる 直近3ヶ月!最新英単語1500
実際の英字新聞で使われている最新英単語を『特に重要な英単語』順に厳選。(※ダウンロード版)

【特典4】完全記憶マスター600シート
どこまで進んだか、どこが苦手なフレーズなのかをチェック。CD6枚分600個の英会話フレーズを、さらに効果的に学習。

【特典5】60日パーフェクト音声解説
CDだけでは理解しきれない各フレーズの詳しい意味や用法、くだけた言い方や目上の人に使う場合のフレーズなども同時に紹介。(※ダウンロード可)

【特典6】プレミアム英語上達ニュースレター
「7+English」の効果的な利用方法はもちろん、「英語力アップのための様々なテクニック」「最新の英語学習ニュース」など、他では入手できない特別情報を毎週配信。

【特典7】7+Englishを使って無料英会話レッスン(たっぷり25×5回分プレゼント)
7+Englishで身につけた内容を、英語のネイティブスピーカーとの会話で実践!

特典も、同じですよね。

本当に使えるのか?ですが、(聞くだけで英語がしゃべれるという教材の被害者があまりにも多い)とにかく英会話は、○○だけで、とか、○○をするだけで、などという宣伝文句は信じない方がいいでしょうね。

七田式セブンプラスイングリッシュ

七田式セブンプラスイングリッシュ

体験者の声カスタマーレビュー

ここで購入した訳ではない。正直なところ
到着した教材を見てがっかりした。やっぱり
所詮はこの程度か…。という印象を持った。
聞きたい英語を理解するには無意味だろう。
そんな印象を持ったからである。然し…。

教材の英語が理解出来ていた訳ではない。
自分自身の期待があまりに高すぎたことと、
英語力がいかに低いかを再認識したことだ。
子供に大人の話が解らなくても、それ相応の
言葉を覚えるる必要はあると考え直した…。

▼ 日常英会話と英語の勉強は違うということ

その昔、英検一級合格者が
ニューヨークに行ったところ、現地で完璧に
立ち往生した話を聞いたことがあった…。

僅か二カ月で何が出来る。教材を前にして
改めてそう思った。

比較的易しい教材であるから一日も休まず
継続できたのだとは思う。英語が話せるとは
単に教材の英語が話せるようになる程度で、
聞く一方の英語の理解には、まるで無意味。
そんな覚悟をしてから買うべきだと思う。

▼ ラクして覚えられる教材はないということ

今でも見られるが、この教材の宣伝のトップに「毎日聞いてるだけで、苦手な英語が好きになる」とあり、その数行下には「英語を話せるようにならないのは、英語を聞いているだけで英語が話せるようになると断言している教材販売会社や、日本の教育制度が悪いのです」とある。この会社こそがその「教材販売会社」に他ならない(おまけに、日本の教育制度にまで責任を押しつけている)。
そしてまた、さらに下を見ると「どんなに英語が苦手な人でも、正しい勉強方法さえ知ってしまえば、たったの60日で東大入試レベルの英語をマスターできる!」と大きな字で書いてある。噴飯ものである。

世の中にこの手の英会話教材はごまんとある。それを見るたびに思うが、もし「必ず・・・・だけで英語をマスターできる」というのが真実なら、文科省は現在の教科書などさっさと廃止して、全国の学校にそれを採用させればいいのである。

▼ 七田式は比較的やさしい英会話教材であるということ

販売元サイトで特典だのサポートだの見ていい加減な所ではないと思い珍しくこういう高額教材を買った。高額と言ってもサポート等を考えると良心的。

英語教材は実はどれを選んでも大ハズレというのはないらしいのだが、わたしの場合の決め手は恐ろしく手厚いサポート体制で(メール相談などすごい)

内容は600のフレーズをひたすら耳で聴いて口で繰り返して2か月で暗記する。600とはいえ決まり文句の部分を入れ替えてあるのが多い(そうじゃないと応用がきかないから実際話す時にフリーズする)から無茶な量ではないだろう。勧めて来た人が「この他には適切なフレーズ集がない。数が十分で実際に使えて、初心者が難しいと感じないでできるものとなるとこれしか見つからない」そうだ。

まとめ

今回紹介した七田式英会話マスター法「7+(セブンプラス)English」ですが、

以前紹介した商品と同じような内容で1万円安いのは、アマゾンの方が断然お得だということです。この教材に興味を持ったなら、3年間のメールサポートや返金保証はいりません、ということなら、アマゾンでのお買い物をおススメします。

「わたしゃ、サポートがないとだめなんだよ!」という方は、

サポート付のコチラ

質問フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加