目標を達成するための意識と潜在意識

日々の努力とエンスージアムに支えられた発想、プラン、目標は、

人間の潜在意識に蓄えられ、卵のように暖められて、誕生の日を待ちます。

ここでは、私たちの発想を、あの、「無限の叡智」によって

暖めてもらうため、意識と潜在意識の関係について考えていきましょう。

どうしてもほしい、と思うものがあれば、私たちは何度もそのことを考え、

その欲求もますます強いものになります

それがいかに潜在意識を作用して、願望や目標を実現させるのか?

の問題いついて考えるわけです。

このプログラムもいよいよ核心に迫ってきました。

あなたが常に、自分の意思で完璧にコントロールできるものは心構えです。

これは大変重要な事実です。

子の心構えを、いかに活用し、役立てていくのか?

それがこのプログラムの目的でもあります。

人間の心は、意識と潜在意識からできています。

それは極端にいって次のようなことです。

意識は、推論したり思考したりする場所で、事実について

深く考えたり、比較、検討する場所であります。

それは情報やそれ以前に入ってきたデータを分析するとともに、

潜在意識に通ずる未知の門番の役目を果たしています。

さらに意識は、情報の中身を検討し、判断し、

選択する機能を持っています。

生れたばかりの幼児の場合、意識は新しいカセットテープに

例えることができるでしょう。

つまり、視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚の五感を通して得た

学習体験が、その上に録音されていくわけです。

それに対して、潜在意識は、心の広大な未開地です。

潜在意識は、詩論したり思考したりはせず、

人間のその時の感情に応じて働きます。

潜在意識は、本能とは異なりますが、本能ともうまく連動しています。

適切な行動や運動をもたらすこの本能は、

すべての人間に共通するものです。

人間に個人差があるように現れるのは、意識の部分における経験や

思考の違いによるものですが、潜在意識に個人差はありません。

潜在意識をうまく活用するためには、

その特性を知ることが必要です。

意識と潜在意識の関係及び潜在意識が一体どんな力を

秘めているのか身近な例を使って説明したいと思います。

潜在意識を自動車に例えれば、意識は運転手ということになります。

そして力は自動車事態とあり、それをコントロールするのが運転手で、

それと同じ方法で、私たちは潜在意識の力を目標に向けて走らせる

ことができます。

あるいはまた、意識を建築家に例えるなら、潜在意識は建築資材が

たくさん詰まった倉庫に例えることができます。

意識が目標を定め、計画を立案しますが、材料とエネルギーは

潜在意識という大きな倉庫にあるわけです。

潜在意識を実際に感じることはほとんどありません。

ピン元:thechange.jp

ピン元:thechange.jp

しかしその作用や動きについては、知ることができます。

それは写真のフィルムのように作用するのです。

ちょうど意識はカメラのレンズの役目をし、レンズを通過した強い光は、

確実にフィルムに転写され、あらゆる形の像を結びます。

あなたの欲望という被写体から発せられた光線は、意識のレンズを通って、

潜在意識というフィルムに移しだされるのです。

ですから、このk前らで良い写真を撮るコツは、焦点を確実に合わせ、

適度な露出を決めたら、後はシャッターチャンスを逃さないことです。

そして正しい焦点とは、被写体をハッキリとらえることであり、

それがセッションのテーマである、願望や目標の明確化、ということです。

もちろん、画面の構成も注意深く、精密に行うことが必要で、

画像が鮮明でなければ、きれいな写真を撮ることはできません。

あなたは、ほしいものの大きさ、形、色、柄、値段、性質の

すべてをしっかりと把握しておかなければなりません。

あなたの意識の中に、鮮明な画像と夢の青写真ができあがったら先にあげた

10の基本的なモチベーションと照らし合わせてみてください。

どれかひとつでも符号するものがあれば、そのモチベーションによって、

あなたの欲求は願望の実現へ向けて大いに高まり、その画像を潜在意識の

フィルムも上に転写することができます。

しかし、もちろん1回でうまくいくとは思わない方が良いでしょう。

あなたの欲求は、決して願望であってはなりません。

それはいつでも、燃えるような熱烈な希望であり、執念を生むような、

強力にモチベートされた欲求でなければなりません。

その代償がどんなに高価なものであったとしても、いったん手に

入れようと決意したものは、絶対にあきらめてはいけません。

繰り返し記憶の母、といわれていますが、間違った被写体をフィルムに

移すことがない世に、ああ他の願望や目標を何度も、何度も検討し、

願望や目標をリアルなものとして感じられるようにすることです。

願望や目標のイメージを洗剤意識に刻み付けようとするとき、

感情的になることを恐れてはいけません。

あなたの願望が正当なもので、取り組むにあたいする価値を持つなら、

それを潜在意識に刻み付けることを恐れる必要など少しもないのです。

そしてイメージwp強く刻み付けるためには、願望や目標のプランを

正面から向かい合い、大胆に進んでいくのが最良の方法です。

明確な目標

成功哲学の進め方

目標の一覧表のつくり方

第1の重要なアイデア

他人の協力を得る・信念

モチベーションを保つ10か条

7つの基本的な恐怖とは

自由に対する感情と報復

目標を達成する意識と潜在意識の活用

成功プログラムの目的を明らかにします

潜在意識を刺激するエッセンスとは

あなたの心を積極的にする方法とは

目標を達成させる唯一の方法とは

目標を他人に秘密にしておくことの理由

&nbsp

質問フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加