千葉県で一番のエネルギーパワースポット運気が上昇する場所とは

スピリチュアルとは、精神世界、霊的、霊性などの神秘的なイメージの意味で使われていますが、自然や地球の営みから大宇宙のエネルギーを指すこともあり、宗教的な場所に行ったときに感じられる神聖な気持ちや、人が心の奥底に持っているパワーやひらめき、人間らしさについてもスピリチュアルという意味で使われています。

パワースポットとは、スピリチュアル系の呼び名ともいえます。

あなたはこのページで、パワースポットについて、パワースポットでの
本当のパワーのもらい方について学ぶことができます。

千葉県には数多くのパワースポットが存在しています

千葉のパワースポットといえば、成田山新勝寺、香取神宮、鋸山の日本寺、松戸の紫陽花(あじさい)寺の本土寺、市川の中山法華経寺、船橋大神宮などが有名ですが、ここが千葉県で一番のパワースポットだろうといわれている場所が、上総一宮町にある玉前(たまさき)神社です。

レイラインから見れば、関東屈指のパワースポットともいえるでしょう。

日本では、古くから吉凶、鬼門、風水などの方位学が重んじられ、江戸城の表鬼門には上野の寛永寺が、裏鬼門には芝・増上寺をあてました。

東の鹿島神宮と西の富士山頂上を結んだ線上に、江戸城の天守閣を配置しました。また、江戸城の真北に栃木県の日光東照宮、真南に千葉県の安房神宮が位置しています。

茨城県の鹿島神宮も歴史は古く、パワースポットです。茨城にはもう1か所北の方にパワースポットがありますね。

やみくもに行ってもパワーはいただけませんからね

ただ…、ちょっと待ってくださいね…!

普通の人が観光気分でパワースポットへ行っても、何の恩恵も得られませんからね。パワースポットには神社仏閣がありますが、それなりの理由が歴史を紐解くと分かってきます。

逆に知らずに行って、気持ち悪くなってしまう方もいるそうです。

運のいい人悪い人、なぜか日本にある、ある神社に財界の大物たちがこぞって参拝する神社があるという。なぜそこに行くのか?なぜその神社じゃなければならないのか?地元の人も知らない知られざる運気のみなもとを探る。金運アップ金運神社特集 そこには知られざる作法があった。

もしもあなたがこれから金運アップや運気アップ、良縁(男女間だけではない)を願うなら、やみくもに神社に行ってはなりません。おさい銭の上げ方、その金額、まさか10円で願いが叶うなどとは思っていませんよね。拝み方、作法を知らないと、恩恵を得られませんからね。

一部のエグゼクティブ経営者やトップアスリート、願いが叶う人だけが知っている、その方法とは? こちらで詳しく解説。ただし、神頼みなんてエビデンスがないから信じないという人には時間の無駄。

千葉の一宮は3か所

千葉県と呼ばれたのは明治以降でわずか百年足らずですが、奈良時代から1,000年間続いたのは、千葉は、南から安房(あわ)国、上総(かずさ)国、下総(しもうさ)国の3国で成り立っていました。

一宮神社というのは、その領地の社格の高い順から「一宮」「二宮」「三宮」とされ、下総国の一宮は、「香取神宮」(香取市)、上総国の一宮が「玉前神社」(一宮町)、そして安房にはなぜか一宮は2か所あり、「洲崎神社」と「安房神社」(共に館山市)です。非常に近くに位置する両神社です。

当時も今も、上総(かずさ)地方の中心は東京湾沿いの木更津ですが、一宮はなぜか太平洋沿いに建てられています。

朝日は千葉・外房の海から昇ります

その光は、外房(そとぼう)の玉前神社に当たり、神奈川県・寒川神社に当り、富士山頂から西へ延び、豊臣秀吉が愛した琵琶湖に浮かぶ白髭神社を通って、元伊勢の籠(この)神社、そして出雲大社に一直線に走る光のラインを「レイライン」と呼ばれています。

元伊勢の籠神社にまつわるかごめかごめの謎はこちら→

光の速度ですから、1秒もかからないうちに出雲大社に到達するのでしょう。

パワースポットについていえば、富士山はもちろんのことですが、寒川神社は、相模国の一宮です。近年は知名度から、相模国一宮を鶴岡八幡宮とする説もありますが、歴史的に見れば当社が相模国一宮です。

琵琶湖の「竹生島」(ちくぶ)の竹生神社も神の島としてパワースポットとしても有名です。そして、現伊勢神宮の元内宮のあった場所として「元伊勢」が続き、その先に、皇大神宮のある、島根県の大山(大神山神社)、そして大国の尊の「出雲大社」にいたるのが、レイラインです。御来光ラインとも呼ばれています。

レイライン玉前神社出雲大社

その光の起点に当たる場所が、玉前神社です。どうして玉前という名前かというと、江戸時代、九十九里浜は「玉之浦」と呼ばれていました。一宮町は九十九里浜の南の始まりですから「玉前(たまさき)」です。

玉前神社ホームページ

鳥居をくぐるとすぐに手水場(ちょうずば)で清めます。ここでも正しい作法がありますのでお願いします。柄杓に直接口をつけたり、ガラガラは当然御法度です。

玉神社

特別出演:しずかちゃん

本殿の階段の手前、手水場の右手にあるのが、「国歌・君が代」でおなじみの「さざれ石」が展示してあります。

レイライン玉前1

玉前神社・さざれ石

上総地方の桜開花宣言を行う桜の木が、本堂入り口左にありました。本堂はあいにく工事中です。江戸の彫刻家というか木彫り職人を代表する左甚五郎の彫刻(木彫り)があるそうですが、見れませんでした。

桜の開花は、平成28年は、3月26日と記されていました。

日本の縄文時代の文書である「ホツマツタエ」の中には、君が代和歌36文字には、場を平定する作用があるそうですので、たまには歌ってみましょう!

上総地方の桜開花宣言の木

上総地方の桜開花宣言の木

左に回っていくと、「はだしで歩くコーナー?」があり、靴を脱いで素足で時計回りに3回周りながら、この地の大地からのパワーを直接足の裏からいただきます。

上を見上げると、16菊の天皇家の紋章があります。実際の菊の花弁(はなびら)は、偶数ではないそうですが、日本では仏教のヤタの原理として、偶数を採用しているそうです。大仏の蓮の花でもそうです。

そこから。西に一直線の出雲大社の亀甲紋に光が放たれていると考えると、ロマンを感じます。ちなみに安房の一宮「安房神社」も菊の紋章です。さらにちなみに、神社が菊の家紋(神社の場合社紋)は、宮内庁の許可を得て着けられるそうで、社格、天皇家とは関係はないそうです。

レイライン玉前3

天皇家の16菊紋

まとめ

玉前神社 → 寒川神社 → 富士山頂 → 元伊勢 → 出雲大社のラインは、レイラインと呼ばれる光の道のことです。
(現在の伊勢神宮は元伊勢(但馬の国)から天照大神が希望し、現在の伊勢に移動)

千葉県で一番ホットなパワーポイントが、玉前神社ということになります。
何しろ、レイライン(御来光ライン)の始まりですからね。
富士山頂で千葉県側から昇った太陽に感謝したら、その正反対が出雲大社です、出雲大社にも、感謝の意を唱えましょう。
(出雲大社の大国主の尊(おおくにぬしのみこと)は地上を支配した神、その後、天から来た天照大神(おまてらすおおみかみ「太陽神」)に支配を譲った、と神話ではいわれていますよね)

全国でも1.2位は伊勢神宮と出雲大社ですが、その次を争うパワースポットが、淡路島の伊弉諾(いざなぎ)神宮といわれています。神話でも伊邪那美・伊弉諾の男女の神の話は有名ですよね。
ここは全国からのレイラインが最も多く重なる、日本屈指のレイラインの中心点です。
邪馬台国・淡路島説もうなづけます。(他には大和「奈良」説、宇佐美「大分」説)

このような、運気を上げたり、良縁に恵まれたりするスポットは神社仏閣に多いのですが、普通の観光気分で行ってもご利益は望むことはできません。

それならば、パワースポットの近所の人は皆、大金持ち、幸せ家族の塊になってしまうでしょう。神社には、神社のしきたりがあり、お参りの仕方、作法を心得なければ、ご利益は得られません。

地元の人も知らない、一部のエグゼクティブ経営者やトップアスリート、願いが叶う人だけが知っている、その方法とは? こちらで詳しく解説。ただし、神頼みなんてエビデンスがないから信じないという人には時間の無駄です。

金運アップするために必要なこと → レビュー記事はこちら

>>やさしいホツマツタエAmazonで確認する

>>竹内文書・日本全国秘授口伝ツアーVol.1千葉県・玉前神社 麻賀多神社Amazonで確認する

正しい日本の歴史、縄文の歴史を学ぼう!

千葉県ナンバーワンの金運神社はどこ?

全国で見ると、山梨県の富士吉田市、河口湖の近くの新屋山神社です。
エグゼクティブは、ここともう一か所の石川県金沢市の近くの白山神社を同時に行くことが良いとされています。全国2大金運神社といわれています。

金運神社は、初詣のように1年に1回行けばいいというものではありませんからね。

そして千葉県の金運神社といえば、白子町の白子神社です。

白い蛇が白い亀にのってやってきたという神社です。昔から白い蛇を見るといいことがある、白い亀は縁起がいいなどといわれていますので、2つ同時にやってきたって感じの神社です。

拝殿の中の祀られている像や、内外を彩る木彫りの彫刻は、どれも芸術品としても価値あるもので、じっくり見たいものです。江戸時代はこの九十九里地方では、波の伊八左甚五郎などの彫刻家を輩出し、木彫りの彫刻が発展していたものと思われます。

また、拝殿の裏手に祀られている、小さな2つの祠にも、お参りをしましょう。

白子神社のすぐ傍に流れている、今でもウナギ漁が行われているという、「南白亀川(なばきがわ)」の流れは、雨の日など堤を乗り越えてきそうで怖いくらいです。が、今まで水害にあったという話は聞いていません。

川の名前からも、海からこの川を上って、白い亀に乗った白蛇が来たのでしょうね。以外に水量の多い川の淵に沿った小道も散歩にもってこいです。

白子神社の手水場

白子神社の手水場 亀の上に白い蛇が乗っかっているぞ!

白蛇は商売繁盛や金運アップに効果が高いと評判で、蛇皮の財布を持っている人も多いのではないでしょうか?その中でも最高級なものが白蛇の財布ですからね。
運気アップグッズが欲しい!

県内はもちろん休日ともなれば、関東一円から、事業の成功などでの感謝、奉納、子宝のほしいご夫婦など、訪れる人も多いですが、まだまだメジャーではない今が狙い目ですね。

お参りは、しっかりした作法でね。
お参り作法詳しいレビュー記事はこちら →

鶴と亀を同時にお参りできるスポット

いわゆる玉前神社が天照大神の伊勢神宮系で、太陽神いわゆる「陽」。

それならば、亀にまつわる神社も一緒に回りたいですよね。本来、亀甲紋でおなじみの出雲大社(黄泉の国=月=陰)も行きたいところですが、大国主命(おおくにぬしのみこと)にまつわる神社は、下総国の一宮の「香取神宮」が亀です。

ところがですよ、上総一宮の玉前神社から一直線にに行ける亀神社?があるんですよ。それが白子町の白子神社です。ご神体は大国主命です。神紋は月と星です。黄泉の国の神様ですから当たり前です。

>>やさしいホツマツタエAmazonで確認する

>>竹内文書・日本全国秘授口伝ツアーVol.1千葉県・玉前神社 麻賀多神社Amazonで確認する

正しい日本の歴史、縄文の歴史を学ぼう!

質問フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加