親はなくても子は育つのは昔の話という話

かつては、親があれこれ子供とかかわらなくても,
子供たちは学校の先生や、地域社会の大人、友達との関わりによって
自然に成長していったものでした。

でした、というのはそういう時代もあったのだということです。

ようこそ!
あなたはこのページを読むことで、子供たちの本当に望んでいるものが解り、
親として行うべき「愛のある躾(しつけ)」を知ることができます。また、
愛のない最低の親のしつけを知ることにもなります。

親はなくても子は育つ

「親はなくても子は育つ」などともいわれていました。
例えば、父親が何も言わなくてもその背中を見ているだけで
子供には父親の考えていることや期待に思いが伝わる、
などという時代もありました。

もしも同じような子育てを、現代の社会で行った場合、

通用するでしょうか?

現代では、
親も積極的に子供と関わり、正しい方向へと導いてやらないと、
子供たちは風に吹かれた風船のようにどこか、親の手が
届かないようんところへ飛んで行ってしまうのです。

今はそういう時代であるということです。

かつては、

新聞、テレビ、学校からの一方通行の情報しか伝わらなかったのが、
今はインターネットの時代で、誰でもいつでも情報を知ることが
できるようになってきたからです。

親は親で、我が子に不利になることが起こらないように、
黙っていたら何をされるかわかりませんので、
声高に我が子を守ろうとします。

そういう親たちを「モンスターペアレンツ」だと、
簡単には否定できないのです。
ところが、
今のインターネットでは間違っている情報も飛び交い、
何が正しいのかさえ分からないまま、信じてしまったりするのです。

その根底にあるのは、情報を判断する人格が出来上がっていない、
正しい判断をする材料不足によるものだと思います。

小学校の高学年になるまでは、
親と一緒にいる機会も沢山あり、十分なスキンシップがとられている
のですが、思春期ころになると、子供は親を避け始めます。

学校で何があったかも話そうとしない、
こちらから聞いても答えてくれない。

どんな友達と遊んでいるのかさえ、知らないいのです。
勉強をしているのかさえ話さない。中学生の子供を持つ親は、
そんな子供の変化に戸惑うばかりです。

ビットウィーンのコミュニケーション

これは、隣人同士のコミュニケーションに有効といわれ、
直接話し合うのではなく、第3社を間に入れる関わり方
のことをいいます。

我が子が学校の様子を話さないのなら、学校の先生に聞いてみる。
担任なら少しは知っているでしょう。

あるいは幼なじみの友達から情報を得るということもできます。
「うちの○○は学校で楽しくやっているの?学校ではどんな様子?」
とさりげなく聞けるし、さりげなく聞き出せば、相手も防衛線を
張ることなく話してくれることでしょう。

本人以外のところから情報を引き出すことによって、
おおよその様子が見えてくるのです。

その為には、
親も普段から積極的に学校とかかわったり、友達を街で
見かけたら、「○○くんこんにちは、元気にしてる?」と
声をかけるようにします。

子供でも中学生になれば、親とは話をしなくても、
知り合いの大人にはキチンと、

あいさつくらいできるのです。

ただし、
子供の方から話しかけてはきませんので、
大人の方から積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

子供が話をしないと、親はついつい質問攻めにしてしまいます。

まるで刑事が犯罪者を取り調べているようになってしまい、
子供はますます口を開かなくなってくるのです。

子供のことが心配じゃない親なんていません。
だからいろいろ聞きたいのですが、聞き方にも方法があるということなんです。

子供を主人公にする会話・人生の主人公は自分だから

もしも、
あなたのお子様がテストで40点の答案用紙を持ってきた時の会話。
「そうしてこんな点数しか取れないんだ。

お父さんはもっと頑張ったんだぞ。お父さんのようになりたいのなら、
もっと頑張ってみなさい。」

これ、

お父さんが主役になっちゃってます(笑)

こういうものの言い方を<押しつけ>といいます。
子供を主人公にするとは、こういうことではないでしょうか。

「40点か。お前はこれで満足はしていないだろうね。
本当は何点くらい行くと思ったんだい。

もしも60点に上げたいと思ったら、次に向けてやるべきことが
見えてきているのよね。おまえのためにお父さんにできることはあるのか。
手伝ってほしいことがあるのなら何でも手伝うからね。」

でしょう。

人生は自分のものです。
人生をよきものにするのも、物足りないもんにするのも、
自分次第なのです。

子供の人生は、

親のものではありません。

親がこれからも手助けをできるものでもありません。

そのために自分がやるべきことは何なのか。
自分の努力で自立していくしかないのです。

考えるヒントを親は与えてあげなければならないのです。
子供の力だけでは解決できないときは、
親が体を張って助けてあげるのです。

不登校児童を立ち直らせる方法

「子供の不登校・ひきこもりを解決したい!」本当の子どもに対するしつけについては、
伊藤幸弘さんが書いた電子ブックが参考になります。今まで、28年間で2000人以上の、「不登校・ひきこもり」など、子供に関する問題の相談にのり、200人以上の子供と寝食を共にしながら、子供の問題を解決へと導いた、
「ご自宅で、不登校・ひきこもりを解決する方法」を
伊藤幸弘さんのすべてをあなたにお教えします。

レビュー記事はこちら 

質問フォーム

てんぱり.com 車一括査定レビュー

車一括査定

知らないと損する!愛車を高く売る”コツ” レビュー記事を参考にしてね ♪

てんぱり.com 無料講座特集!

▶ 【投資】幸せな投資家になるための無料メール講座

▶ 【成功法則】あなたが覚醒する8つの成功パターン無料講座

▶ 【副業・主婦】イイ収入ガ ガイド無料講座

▶ 【ダイエット】痩せるダイエットの極意 無料講座

▶ 【悩み】☆女性のお悩みマーケティング☆初心者無料講座!

てんぱり.com 実効性100%アップ講座

SEO入門ガイド

コピーライティング入門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加